Discover Japan [December 2017 12月号]:みんなの愛用品

點閱:38

作者:Discover Japan編集部

出版年:2017.11

出版社:枻出版社

出版地:東京都

格式:PDF,JPG

附註:內容為日文


馬上看!不用等預約。
借閱說明

本期內容簡介

'今回の特集では、目利きと呼ばれる人たちが愛用しているものを見せてもらいました。俳優・光石研さんが台本を入れるために使っているトートバッグ、ファッションデザイナー・菊池武夫さんが色違いで揃える眼鏡、コンセプター・坂井直樹さんが魅了された伊万里焼の大皿など、目利きたちが愛してやまない逸品とともに、もの選びのコツや基準について紹介しています。
さらに、“育てる愛用品”として、うつわに着目。伊賀上野で8代続く窯元「土楽」の7代・福森雅武さんが考えた究極の土鍋、うつわギャラリーを営む祥見知生さんが毎日をともに歩むうつわの数々……。使い込むことで、うつわは使い手ならではの味わいに変化していきます。そしていま静かなブームとなっている伝統技法「金継ぎ」を紹介。ホテル カンラ京都内にある金継ぎ専門の工房「金継工房 リウム」では、割れたうつわに金継ぎを施し、うつわと長く付き合うライフスタイルを提案しています。
ほかにも、メイド・イン・ジャパンの良品を扱うショップスタッフの愛用品、江戸の時代から最先端を行く街・東京の20人の職人とその作品を紹介した東京手仕事などを収録。一読すればメイド・イン・ニッポンの逸品が発見できる内容となっています!
 
※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。
 
※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。'

雜誌簡介

介紹日本所引以為傲的傳統工藝、設計、食衣住與度假觀光勝地等日本文化。刊載一眼就能看出其魅力的優美照片及淺顯易懂的解說,是代表日本文化的月刊雜誌。

※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。

有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。

※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

  • 育てたい土鍋「土楽」(p.54)
  • 時をともに重ねたいうつわの愛し方。(p.60)
  • うつわとのつき合い方が変わる 金継ぎのススメ(p.64)
  • Antiques & Art MASA店主@東寺弘法市 目利きとお買い物。(p.70)
  • 楽焼=茶器の伝統から、新たな伝統をつくり出す 花と楽焼(p.72)
  • 酒都 広島・西条に銘酒あり「 賀茂鶴酒造」(p.78)
  • ブランド米「新之助」誕生(p.82)
  • 新之助をいっそう美味しく食べるには……(p.84)
  • Discover Japan編集部の愛用品(p.86)
  • ショップスタッフの愛用品(p.89)
  • 東京の手仕事(p.105)
  • 小さな球体に込められた 知られざるトンボ玉の美しい世界(p.121)
  • アート×伝統工芸×テクノロジー ものづくりの未来が語られたのは高岡でした。(p.122)
  • GREAT PIECE OF NIIGATA 新潟県の逸品、実はKOIでした。(p.124)
  • MSPC PRODUCT 人生はレザーバッグとともに。(p.126)
  • 能楽師、佐野 登 大曲「道成寺」を前に、聖地・道成寺へ(p.134)
  • 日田の森が育む明日(p.162)
  • ユネスコ無形文化遺産 佐原の大祭を知っているか?(p.166)
  • 東日本をリードする さいたま市の一大構想(p.170)
  • 京都市のアンテナショップをプロデュース みんなの京都館プロジェクト vol.4(p.172)
  • 延暦寺釈迦堂御本尊が33年ぶりに御開帳!聖域すべてがミステリー(p.194)
同書類書籍