台灣光華雜誌 [第45卷 第2期]:體驗經濟進行式 エクスペリエンス.エコノミー現在進行形

點閱:64

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2020.02

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268


馬上看!不用等預約。
借閱說明

本期內容簡介
 
【表紙説明】
手作り体験を打ち出す小さなショップには世界各地から人が訪れる。台湾の工芸が製造業から知識サービス業へと転換しつつあることがうかがえる。(林旻萱撮影)
 
【盛り上がる「経験経済」】
エコツーリズムにしろ、フェスティバルの旅にしろ、あるいは文学の旅や世界遺産を訪ねる旅にしろ、重要なの
は何のために旅をするかだ。「旅」という言葉には遊びや散策のほかに学びの意味も込められており、それにより旅はより意義深いものとなる。旅の目的はと言えば、見聞を広めること、地域の人々と交流すること、ストレス解消、ショッピング、異国体験、歴史探訪などさまざまで、求めるものによって旅の形や手段も変わってくる。
台湾では昨今、見学がブームになっていて、各種「体験」を打ち出した観光工場や手作りワークショップ、それらを巡るツアーなどが人気を博している。学校の「社会科見学」のような感じで、大人が子供の心を取り戻せる機会としても愛されている。これらの体験活動は観光工場にとどまらず、ハイテクや精緻な工芸などにも広がり、さらに職人が加わることでより多様な展開を見せるようになった。
今月号の「光華」は、いかにブランドの価値を創出し、消費者とのつながりを生み出すかという角度から、宜蘭の「勝洋水草レジャー農場」と台南の「台湾金属創意館」を訪れた。産業の苦境に直面した彼らが、どのように「経験経済」を活かして新たなビジネスチャンスを切り開いてきたのか、お読みいただきたい。また、100万回以上再生された動画「Mr. Bartender」と「私室」を制作した徐嘉凱にもインタビューした。彼はネットと仮想通貨、ブロックチェーンなどを利用して、映像制作から開始し、没入型エンターテインメント空間構築という夢へ向かって一歩ずつ歩んでいる。
また、取材班は聚楽邦が作り出す「穿越写真館」と芒草心協会の「艋舺走撞街頭」という体感型ゲームを実地に取材した。これらのゲームはプレーヤーの好奇心を掻き立てながら、ゲームを通して都市の歴史や社会問題を考えさせるものだが、それをどのように実現しているのだろう。
旅は自身の経験を振り返らせ、さまざまな体験活動は人の記憶をよみがえらせる。このような感覚は、どれほど多くの資料や写真を見ても得られるものではない。例えば、野球のWB S C世界野球プレミア12で台湾が韓国に勝利した瞬間の記憶、「台鉄弁当フェスティバル」のにぎやかな情景、「鳳嬌催化室」での美の感動、「自転車で行く台七甲線」の開放感など、今月の「光華」をお読みいただければ、それぞれが求める旅や体験を見出すことができるだろう。準備はできただろうか。ぜひ「光華」とともに台湾を体験する旅をお楽しみいただきたい。

台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。

  • 來自地方的明信片 點亮十三層(p.1)
  • 編者的話 找回童心!體驗經濟正夯(p.2)
  • 月月好讀 Variety Pages(p.52)
  • 影像對話 共時的精神振動:葉偉立《水湳洞》(p.57)
  • 全球視野 台灣棒球重回世界五強 相信中華隊!12強棒球賽(p.66)